40代の女性薄毛サイト

なぜ40代から抜け毛・薄毛が促進していくのか?

薄毛に悩むのは男性ばかりかと思われがちですが、実は最近では、薄毛に悩む女性が増えています。
薄毛に悩む女性はおよそ1000万人程いると推定されており、つまり、日本人女性の7人に1人が薄毛で悩んでいることになります。

女性が自分の薄毛が気になり始めるきっかけは、写真を見たとき、鏡や窓に映った自分を見たときなど、日常のふとした瞬間が多いようで、30代の時には、抜け毛が増えたかな?少しボリュームが減ったかな?と心配になる程度だったのに、40代になり、ボリュームが減り、ブローしてもまとまらず、スタイルがきまらなくなったりなど、悩みが深刻化してきます。

 

女性の薄毛の原因とは?

では、女性の薄毛の原因とは一体なんなのでしょうか?
女性の薄毛は、ホルモンバランスの乱れなどが原因になっていることが多く、その他にもストレスや、遺伝的要素などが関与している場合もありますし、食生活が乱れている、睡眠不足であるなど、規則正しい生活を遅れていないことが薄毛の原因となっている場合もあります。

 

しかし、女性の場合は、やはり更年期や出産の際に女性ホルモンバランスが崩れ、薄毛・抜け毛の悪化につながることが多いと言われています。

 

40代から女性の薄毛が加速していく理由とは?

女性の薄毛の原因とされている女性ホルモンの一種がエストロゲンです。
このエストロゲンには、毛髪を育て、毛髪の成長期を維持する働きがあり、ホルモンバランスが崩れ、その分泌量が減少すると、髪の成長期が短くなり、休止期が長くなるといったヘアサイクルに影響を及ぼしますし、一つの毛穴から生える毛髪数が減少し、毛髪が細くなる、色が薄くなるなどの影響も出てきます。

 

ホルモンバランスの変化は加齢と共に誰にでも起こります。

エストロゲンの分泌は28歳前後がピークだと言われており、女性ホルモンは30代から減少し始め、40代で急激に減少します。
閉経後は副腎から分泌されますが、その分泌量はごく少量になってしまいます。
日本人女性の平均閉経年齢はおよそ50歳と言われ、45〜55歳くらいの年齢の期間が更年期と呼ばれます。
この時期に薄毛の症状が現れ、悩み始める女性は少なくありません。

 

また、その他にも40代の女性はエストロゲンの分泌が減少するだけでなく、仕事や家族のことなど自分の健康以外に様々な悩みやストレスを抱えることも多く、そのような様々な要因が重なり、40歳から薄毛が加速していくのだと言われています。